このテーマをインストール
父と母が二人でヴィレッジヴァンガードに言ってきたらしいんだけど母親は「下品なLOFTって感じだった」って言ってて父親は「上品なドンキって感じの店だな」って言ってておうおう何いいじゃん、その表現めっちゃいいじゃんって感じだった。
初めて沖縄に行くのですが十分に参考になりました。この本に載っているお店は観光客ばかりでしょうから、そこは避けて楽しい旅ができました。
私の立場は「はだしのゲン」は紛れも無く悪書であり、悪書であるからこその娯楽作品という認識。だから教育現場のど真ん中にあの本が堂々と置かれてるのは「馬鹿な大人が安易な反戦漫画と勘違いして置いてる」と思ってた。だからこの件はどちらかと言うと「とうとうバレたか」という印象が強い。
sologatos:

43524
ymbk:

Photo http://bit.ly/VU8lo7 via WAKE UP!! ZERO!!

sologatos:

43524

ymbk:

Photo http://bit.ly/VU8lo7 via WAKE UP!! ZERO!!

輪郭は物のかたちを理解するときに生じた抽象作用の結果であって、世界に実在する線ではない
アップル信者に「ええ?あの無印良品みたいなデザインがいいの?」というとキレる
love4my2cats:

Baz asking me to pet him :)

love4my2cats:

Baz asking me to pet him :)

アメリカだと西濃クラスで最高のサービス。普通は3倍くらいの値段と、ボコボコの箱で届いても文句言えません。
わたしがいまから13年前にインドで手がけた実験「Hole in the Wall」は、インドのスラムの街角にコンピューターを置いて、子どもたちに自由に使わせるというものでした。そこでわたしは、「子どもは人に教わることなく学ぶことができるか」という問いを検証しようとしたのです。結果はこうです。「何人かのグループになればそれができる」。次に出てきた問いは、コンピューターの使い方を学んだ子どもたちは何をするか、ということです。大方の予想は「ゲームなどで遊ぶだろう」というものでした。しかし、しばらくすると子どもたちはゲームに飽きて違ったことを始めます。そしてGoogleに行き当たるのです。そこで彼らは宿題の答えをGoogleで探し始めます。そこで次の問いが出てきます。「子どもたちは果たしてGoogleを通して何かを学んでいるのか」。研究の結果わかったのは、彼らは確かに学んでいるということなのです。